FC2ブログ

2020-01

童謡101年未来に向けて

2019年8月17日(土)成城ホールで「童謡101年未来に向けて」踊ろう!唄おう!のコンサートが開かれました。
第1部では「東京・おてだま」の方々がお手玉をしながら歌って踊っての会、田中琴乃さん(元新体操日本代表)と日本女子体育大学の新体操の方々、満席のお客様の子供達も唄って、踊っての楽しいステージでした。
第2部はお母さん、お父さんのなじみ深い童謡を、真理ヨシコ(初代歌のお姉さん)さんが歌い、その後に世田谷区合唱連盟が賛助出演して会場のお客様と一緒になって懐かしい童謡の数々を唄いました。合唱団わの会とメンネルコールけやきの団員有志が出演しました。けやきの男性も夏らしくアロハシャツを着て出演。なかなか良かったそうです。
この暑いなかを来ていただいたお客様、お子さんたちが喜んでくださっている様子が舞台上からもわかりました。楽しい一日でした。

明治大学グリークラブOB合唱団第15回演奏会

7月20日(土)四ツ谷紀尾井ホールで明治大学グリークラブOB合唱団「駿河台俱楽部」の演奏会が開催されました。
委嘱作品や、多田武彦氏の柳川、学生王子などの曲を大阪で活動している合唱団、宮崎健で活動している合唱団も歌い変化に富んでいて飽きることなく聴くことが出来ました。
宮崎で活動している男声アンサンブルウイザートが歌った源田俊一郎氏の編曲した「♪うみ♪海♪砂山♪われな海の子」の唱歌メロディーはなぜか感慨深いものがありました。
アンコールでは多田武彦氏の名曲「雨」を80名の大合唱で聴きました。大人数でも心にしみわたるような演奏でした。私もソロを歌ったことがあるので、なお感慨深いものでした。阿部記

東京都合唱祭

令和元年7月7日(日)東京都合唱祭に「混声合唱団海」さんの応援で出演しました。海さんの指揮者「メニュシュ純子先生」の指揮が素晴らしく、楽しく歌わせてもらいました。東京都合唱祭には300を超える合唱団が出演しています。出演料は一人当たり2300円とか高額なのですが、どんな魅力があるのかと不思議な気がします。ステージに立つとお客様はほとんど居ない。同じ組の団体が4団体位が客席にいる。講評の先生方に聴いてもらうだけと言った感じでした。今度出演された皆様に出演する魅力を聞いてみたいと思いました。阿部記

2019年6月23日画廊ゆめじミニコンサート

しばらく活動を休んでいたDream Dogsが画廊ゆめじのミニコンサートに出演しました。
柔らかく優しい歌声にお客様からは盛大は拍手をいただきました。これを機会に活動を再開いたします。阿部記


Dream Dogs カルテットの演奏


伊豆大島紀行

令和元年6月5日(水)~6日(木)伊豆大島に家内と旅行に出かけました。
高校生の頃(63年位前)に竹芝桟橋から夜船に乗り翌朝大島に着き、三原山に登り又夕方船に乗り翌朝竹芝桟橋に帰ってきたという思い出から、相当遠いところに大島があると思っていたのですが、なんと今はジェット船で2時間弱で大島に着いてしまいます。大島からは対岸に伊豆半島が直ぐ傍に見えたのに、まず驚きました。熱海からは30分だそうです。
元町港からは観光バスで椿花ガーデンに行きましたところ、紫陽花が3000本も植樹されていてそれは見事なものでした。大島は椿だけではないと認識しました。又バスで三原山山頂口から三原山を眺めました。夜は玉川学園の後輩の経営する「スシ光」で地元の魚を堪能しました。ホテル白岩に泊まりましたが、温泉が気持ちよく満足しました。
6日は後輩の清水君に筆島、波浮の港を案内してもらいました。波浮の港では昔の繁栄を見ることが出来ました。それにしても今はさびれて寂しいかぎりでした。帰りも元町港からジェット船でひと眠りしている間に竹芝桟橋に着きました。
こんなに近いのなら、又椿のシーズンに訪れ、今度は三原山に登ろうと思いました。 阿部記

伊豆大島

«  | ホーム |  »

プロフィール

メンネルコールけやき

Author:メンネルコールけやき
2001年に男声合唱愛好者が集まり世田谷に生まれた男声合唱団です。2年に一度の演奏会の他に、世田谷区合唱祭、コーラス・フェスティバル等の地元の音楽祭に出演、年末にはクリスマスコンサートを開催しております。ホームページは「メンネルコールけやき」で検索してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
連絡事項 (7)
活動記録 (44)
活動予定 (10)
合唱連盟関係 (29)
私信 (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR