FC2ブログ

2019-03

第24回音楽のつどいコンサート

2019年3月16日(土)桜丘区民センターのホールで第24回音楽のつどいコンサートが開かれました。第1部には日頃桜丘区民センターで活動している地元の音楽家)(器楽、合唱等)が10団体出演し、第2部にはプロの「アンサンブル・コノハ」が出演しました。
地元の方々の演奏も毎年レベルが上がってきていて、素晴らしい演奏がありました。アンサンブル・コノハは4年前に世田谷で生まれた音大卒業生による合唱団です。団員は個人でもコンサートを開いたり、オペラ、オペレッタ、劇団四季に出演もされている方々です。
さすがにプロの方々の演奏は聴きごたえがありました。会場の座席を追加するほどの盛況でした。又観客との合唱では大変な盛り上がりをみせました。コンサートのあとでの出演者の懇親会でコノハのメンバーが会場のみなさんの歌声が素晴らしかった。こんな合唱は今までのライブ会場では経験したことはなかったと話されていました。出演した地元の音楽愛好家もコノハのメンバーも大いに楽しんだコンサートでした。
スポンサーサイト

親子のための音楽会

2019年2月10日(日)桜丘区民センターホールで「親子のための音楽会」が開催されました。幼児むけの「うたとお話」やマリインバの演奏、ガブランという珍しい楽器の演奏などがあり、終わりには子供たちがタンバリンやカスタネットを使って一緒に演奏に加わり、親も子供たちもおおいに楽しみました。出演は「うた・・・桃子」「うたとお話・・・菊地彩」「ピアノ・・・湯田亜希」「マリンバ・・・青木菊美」
「笛、カスターネット等・・・東いずみ、宮本靖代」の皆さんでした。

世田谷合唱祭

2018年11月10日(土)第52回世田谷合唱祭が世田谷区民会館で開催されました。講評の講師には、猪間道明先生、岩見真佐子先生、遠藤正之先生、大志万明子先生、常森闘志先生、平松剛一先生をお招きしました。
世田谷区内で活動している51の合唱団が参加して、日頃の活動の成果を披露しました。先生方からは世田谷の合唱団はレベルが高い、またとても上品だと感じるとのお話をいただきました。
また運営が見事で、役員の方々が皆親切であたたかいとのお褒めの言葉をいただきました。役員の献身的な努力を認めていただき嬉しいことでした。

第25回よいこら音祭

9月22日(土) 桜丘区民センターのホールで第25回よいこら音祭(よいコラボレーション音楽のコンサート)が開催された。第1部の松本和茂さんのギターの弾き語りに始まり、第2部では私の所属する世田谷区合唱連盟の役員合唱団「鷺草コーラス」が初登場、「北の国から」「ふるさとは今もかわらず」「いのちの歌」を披露した。世田谷区合唱連盟には75の合唱団が加盟しています。役員は各合唱団の代表者がなっているので、合唱のみな実力者が揃っていることから納得の演奏だったと思います。第3部には役員の男声カルテットが登場しました。今回は「ちさい秋みつけた」「島原の子守歌」などを歌いました。第4部には娘の桃子がマリンバ、ピアノも入れて「赤鬼と青鬼のタンゴ」や「ウエストサイドストーリーメドレー」で盛り上げました。第5部では会場の客様と一緒に歌声喫茶のように「学生時代」「サライ」などを次々に熱唱してお客様も大変満足されたコンサートになりました。役員コーラスもカルテットもまた出演してほしい、もっと聴きたいとのお声をいただき嬉しい一日でした。阿部記

芙蓉合唱祭

2018年6月23日(土)芙蓉グループ4団体の第49回合唱祭が小岩アーバンホールで開催されました。芙蓉合唱祭には丸紅本社合唱団、みずほ合唱団、日産自動車合唱団、芙蓉合唱団が出演しました。この合唱祭が49年も続いているのは芙蓉グループの結束力のたまものでしょうか。私の所属する芙蓉合唱団は「ヴァイオリン・ピアノのためのヴィヴァルディが見た日本の四季」編曲:信長貴富をヴァイオリンに鷹巣愛弓さんをよんで歌いました。他の合唱団でも日本の唱歌や、民謡も披露されました。唱歌や民謡には聴いていて心がいやされる思いでした。仲間で歌う楽しさを満喫しました。 阿部記

«  | ホーム |  »

プロフィール

メンネルコールけやき

Author:メンネルコールけやき
2001年に男声合唱愛好者が集まり世田谷に生まれた男声合唱団です。2年に一度の演奏会の他に、世田谷区合唱祭、コーラス・フェスティバル等の地元の音楽祭に出演、年末にはクリスマスコンサートを開催しております。ホームページは「メンネルコールけやき」で検索してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
連絡事項 (7)
活動記録 (39)
活動予定 (10)
合唱連盟関係 (26)
私信 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR